北の子ども 487万人が鉛中毒

This post was originally published on this site

世界の子どもの鉛中毒、現状は?

圧倒的多数が南アジアで起きている。鉛汚染は、囲いのない炉、塗料、ガソリンなどを含むさまざまな発生源がある。多くの国で使用されている鉛配管でも、飲料水の供給で危険なレベルの鉛が生じる。

出典:AFP=時事7/31(金)